読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

春。

小学生のころ、習字の時間、書初めで「春」の字を誉められたことがある。

今から考えれば、

「花丸って、子供心を汲んだ、先生からの愛ある表現やなあ」

しかし、

もう、何年、毛筆握ってない?

握ったとて、慶弔時、しかも「ふでペン」。

 

暖かくなると、やりたくなること、やることが

頭や身体に満ちてくる。

ある意味アブナイ。

うまく、優先順位をつけて

身体やココロと相談してできますように・・・。

私の頭の中はもう

むこう1年先まで、詰まっている。

実は、おおきくは、4年先まで。

「50歳になるまでにしたいこと、しておかねばならないこと、

までにしないとそのあとできるかどうかわからないこと」

 

相手があるものは、早めにやらないと

相手の方たちの、人生や生活や健康状態が読めない。

あせってはいけないのか

できない運命のものなのか

それとも、やるなら、本当に今しかないのか。

ほんとうに、わからない。

内容は、「悲願の・・・」「あったらいいな」

という内容のものばかりなんですが。

・・・

といいつつ

私自身、気温が下がると

自動的に

「下方修正」するんですけどね。

なんしか、春。

叶える力があるか、とか、もっているかもっていないか、は別として

顔は、明るいほうに向けて

いろんな方に相談したり考えを聞いてもらったり、

アドバイスもらったりしながら

たのしみながら

いきたいものです。