読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

転んでも、ケガをしても・・・。

先日、30年ぶりの中学の時の同窓生に多く会えました。

疾風怒濤の年代だったので、

私自身、あまりいい子供ではありませんでした。苦いこともたくさん。

だけど、同窓の友達である幹事さんと仲良くなれて、その苦い話をしたら

「もう、昔のことにしていいやん。もう、いいやん」と言ってもらえ

すべて、今から始められるような気がして・・・

ほかにも収穫が。

それぞれに、深く浅く、これまでの経緯を聞くと

みんな、自分の仕事で、自分なりに葛藤があったり、達成感を味わったり

後進の育成に苦慮していたり。

仕事以外にも遣り甲斐のあるコミュニティーの仕事をしたり

しているんだなあ・・・。

普段は

「今となっては昔のことですが・・・」のような立場の方たちと

おしゃべりして、学びを得ることが多いですが

同じ年代を命がけで生きている同窓の話は

なにか、またそれとは違った学びがあり。

・・・

私も、もがいて、なやんで、葛藤があって

間違って、転んで、怒られて・・・もいいんですね。

もう、転んでも、いじけないように

しよう、って、思えました。

 

転んでも、けがをしても、心を折るまい!